印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |






ご縁の杜のエネルギー料理

「食べるということ」

自分自身の「からだの未来」を考える。

私たちの体は何で出来ているでしょうか。大元の大元をたどれば、土と水と太陽で出来ています。その3つの最高の集合体が「植物」。お野菜や穀物をカラダに取り入れることで自然と一体化し、心と体が安定していく。「食べる」ということから始まる人生の本質的な安定感を体感してください。

「野菜の記憶を食べる」


大事に育てられ、料理の時も意志を尊重してもらった「野菜たちの記憶」は出来上がった料理の中に存在しています。その記憶を私たち人間が体に取り入れると、私たち自身も自分を大切にしたり、本当にやりたいこと(意志)を行動していける感覚が高まっていくのです。
ご縁の杜は別名「人生に変化が起こる宿」。この場所で本来の自分に還り、本質へと向かう人生になっていくかもしれません。

ご縁の杜では動物性の食材を使用していません。


お肉やお魚もとても美味しく素晴らしいのですが、人間(特に日本人)の腸の仕組みをちゃんと考えてあげると、現代社会では少し多くとり過ぎてしまっているようです。そこで私たちは体のことを研究し始めました。お野菜中心の食生活にしてみると、まずは快便、そして体が軽くなり、意識もクリアになり、余計なことを考えなくなり、アイデアが湧いてくる!そしてなぜか人との出逢いにミラクルがたくさん起きて、自分の望む方向にぐんぐんと進んでいく。そんな毎日が喜びを感じる感覚を手に入れることが出来ました。
もちろん嫌なことや悩みがなくなるわけではないのですが、それをも心地よい方向に捉えなおすことが出来たり、怒りやイライラがスッと消えていったり。結果としてそういうこともプラスになる感覚に出会いました。現在も私たちは実験を継続中です。


<ご縁の杜の食のこだわり>
◆卵・牛乳を使わないヴィーガン料理。

◆お肉・お魚も使わないため、体内のデトックス効果が高い。
 ※だからといって我慢する食事ではなく、
 ボリュームも味も満足感いっぱいで食欲も満たし、
 ココロが喜びカラダが整う料理です。

◆調味料のこだわり
・しょうゆ :大分県「地熱食べ物研究所」たまり醤油
・塩 :青ヶ島村の「ひんぎゃの塩」、天然の荒塩
・砂糖 :種子島 鹿北製油の洗双糖(さとうきび)
・油 :米油・ココナッツオイル

◆調理器具
・鍋やフライパンはすべて鉄・ステンレス製品。
 ※病気の五大要因と言われている金属(アルミ等)は
 使用していません。










~食品対応表~

化学調味料不使用 〇 通常メニューにて対応済みです
白砂糖不使用
〇 通常メニューにて対応済みです

遺伝子組み換え不使用
〇 通常メニューにて対応済みです

食品添加物不使用
〇 通常メニューにて対応済みです

乳製品不使用 〇 通常メニューにて対応済みです
卵不使用 〇 通常メニューにて対応済みです
グルテン不使用 △ 対応致します ※有料/個別対応メニュー
五薫不使用 △ 対応致します ※有料/個別対応メニュー
アレルギー対応 アレルギーの種類により、対応できないこともございます









未来ごはんはダイニング「結 ‐ MUSUBI -」で。

高い天井と54畳の広々とした和モダン空間